[ 科学技術・大学 ]

電通大など、筋電義手の実験協力者募集

(2018/4/25 05:00)

  • 筋電義手(左)を使ったハサミ操作(横浜国大提供)

電気通信大学の横井浩史教授と横浜国立大学の加藤龍准教授、国立成育医療研究センター高山真一郎臓器・運動器病態外科部長らは24日、人体の筋電位信号で動く筋電義手を開発し、新機能開発に向けた実証実験の協力者の募集を始めたと発表した。人工知能(AI)技術の一つである適応学習機能で、手先の開閉に装着者の意図を反映しやすくした。

厚生労働省の補装具完成用部品指定に採択された。重さ200グラムの幼児用と650グラムの成人用を開発した。幼児用は手先の開閉や握り動作、成人用は親指の曲げ伸ばしと残りの4本指の曲げ伸ばしが可能。事前に残肢の力の込め具合と義手の動きを登録すると、義手が筋電位信号のパターンを覚え意図に沿った動きを再現する。公式に補装具として登録され、NPO法人「電動義手の会」(東京都稲城市)が製造を請け負う。

(2018/4/25 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる