[ ロボット ]

千葉の中高生、国際ロボコン出場

(2018/4/25 05:00)

  • 米の国際ロボコンに出場する中高生チーム

【千葉】千葉県内の高校生と中学生のチームが、25日(日本時間26日)から米デトロイトで開かれるロボット競技の世界大会「FIRSTロボティクス・コンペティション」(FRC)に出場する。世界大会に日本チームが出場するのは初めて。チームキャプテンの東邦大学付属東邦高校3年生の中嶋花音さんは「ベストを尽くし入賞を目指したい」と意気込んでいる。

FRCは14―18歳の学生によるロボット競技会。米国では有名な大会で、約9万人の学生が参加するという。

日本チームのメンバーは中高生15人。米国留学でFRCのことを知った中嶋さんが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じてロボットに興味のある仲間を集め、昨春結成した。その後、千葉工業大学やプログラミング教室「Coder Dojo」などの協力を得て工学分野の技術を学び、競技用のロボットを製作していった。

メンバーの一人で渋谷教育学園幕張中学校2年生の立崎乃衣さんはロボットの設計を担当し、「故障を防ぐため、モーターの数を減らすように工夫した」と話す。

チームは今年3月に米ホノルルで開かれた地区予選で好成績を収め、世界大会の出場権を獲得した。

大会参加費や米国への渡航費などの資金集めも自分たちで行っている。クラウドファンディングや企業スポンサーを募って約377万円を集める計画で、中嶋さんは「大会後もチームは存続させたい。まずはFRCを多くの人に知ってもらいたい」と話している。

(2018/4/25 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン