[ ロボット ]

自動で生物採取する海中ロボ 東大・九州工大が開発(動画あり)

(2018/4/25 05:00)

  • 自動採取に成功した海中ロボ「Tuna−Sand2」

東京大学のソーントン・ブレア准教授と九州工業大学の西田祐也助教、浦環特別教授らは24日、海中ロボットによる自動生物採取に成功したと発表した。小型ロボットと小型調査船で、駿河湾沖の海底を調査し貝を採取した。海底の探索や目標生物の検知、採取を自動化できたことで海洋調査の負担を減らせる。観測用や自動採取用など複数の海中ロボを運用しやすくなる。

海中ロボが海底を観測し、撮影位置と海底物のマップを作製する。生物が映ったと想定される画像はデータを圧縮して調査船に送る。船上の研究者が採取を指示すると、撮影地点に戻って対象を探し吸引して回収する。

生物候補の画像は画像処理で検知し、データを4分の1程度に圧縮して送信する。海中は音響通信が限られるため、自動検知や通信量の削減が必須だった。自動化により広域観測機と自動採取機などの同時運用がしやすくなった。観測機が発見した生物や鉱物を、採取機が回収するなどの運用が期待される。

(2018/4/25 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン