[ 建設・住宅・生活 ]

ダム工事用スライド型枠、幅60mを全自動化 鹿島

(2018/4/27 05:00)

  • 現在の幅15メートルのスライド型枠4つを連結し同調制御する

鹿島は早ければ7月にもダム堤体建設工事で、幅60メートルのスライド型枠の全自動化を始める。新桂沢ダム(北海道三笠市)で実用化済みの幅15メートルの技術を拡張して、同ダムで稼働させる。タブレット端末から指示するだけで、コンクリート打設後の脱型から次の打設箇所までのスライドやセットまでを自動で行い、大幅に省力化できる。人手の作業に比べ、型枠の作業時間を約80%強削減することを目指す。

新桂沢ダムですでに実用化した幅15メートルの自動スライド型枠を四つ連結し、同調制御するシステムを構築する。併せて型枠の現位置と設計位置の差を補正する測量作業も自動化する。7―8月めどに稼働させる。今後、コンクリートダムへの適用をはじめ、橋の橋脚部や堤防など大型構造物にも幅広く展開していく。

鹿島は2017年5月、大分川ダム(大分市)建設工事で幅15メートルの型枠を自動一括スライドさせることに成功。従来のクレーンを使った作業を不要とし、溶接工やとび工、クレーン操縦者など特殊作業者でなくても施工を可能にした。

11月には新桂沢ダム堤体で幅15メートルのスライド型枠の一連の作業を全自動化し、人手の作業に比べ作業時間を約36%削減した。また、複数系統の電動モーター、油圧ジャッキの同調制御により型枠の歪み発生を防ぐなど、作業の高度化を図っている。

鹿島では、幅60メートルのスライド型枠の全自動化で作業時間をさらに削減し、建設業の課題である生産性向上を推進する。

(2018/4/27 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる