[ その他 ]

開発の舞台裏 中小企業優秀新技術・新製品賞(9)優秀賞 RT.ワークス

(2018/5/8 05:00)

高齢者の外出を楽しく

■ロボットアシストウォーカー「RT.2」

  • RT.2の開発陣。介護にとらわれず用途拡大を目指す

RT.ワークス(大阪市東成区)が開発した「RT.2」は、高齢者や介護が必要な人の外出を助ける“歩行支援ロボット”だ。モーターを内蔵した電動アシスト式。加速度などをセンサー群が検知し、上り坂は推進する力を出し、下り坂は減速。起伏のある道を歩く負担を軽減する。増田敏昭社長は介護にとらわれず、用途の拡大を進める。

RT.2は利用者に、「下り坂が楽になる『新鮮味』を感じてもらっている」(鹿山裕介マーケティング部長)という。2015年発売の初代「RT.1」は消費税抜きの価格が23万円弱。これに対してRT.2は転倒時の緊急通知機能などを基本仕様から省きつつ、一体型フレームを採用するなど部品点数を半減。同価格を12万円弱に抑えた。要介護認定を受けている人は、毎月800円以下の自己負担額でRT.2をレンタルできる場合もある。16年7月に発売し、4000台近く販売した。

同社は14年、液晶テレビなどを手がける船井電機から、歩行アシストカート事業をスピンアウト(分離・独立)して設立。事業が軌道に乗りつつある今、次の一手を模索する。17年秋、百貨店の体験イベントコーナーにRT.2が展示された。増田社長は目下、ホームセンターや家電量販店などに「高齢者の健康をテーマにした特設コーナーに展示してもらえないか働きかけている」。

背景にはRT.2を介護用機器に限定するのではなく、高齢者が元気なうちから自らの足で外出する際に使う「電動アシストロボット」として、広く社会に活用してもらいたいとの思いがある。

そのためRT.2はデザインにも力を入れた。シャープで調理家電を担当したことのあるデザイナーに依頼し、明るい雰囲気に仕上げた。高齢者に限らず、「妊娠中の人にも使ってもらえる」。日本は国土の7割を山や丘陵地が占めるだけに、RT.2の可能性は無限だ。(大阪・平岡乾)

(2018/5/8 05:00)

その他のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン