[ 機械 ]

三菱重工、「MRJ」抜本改革 新中計策定

(2018/5/9 05:00)

三菱重工業は8日、2020年度に事業利益率6・8%(18年度見通し同3・8%)を目指す3カ年中期経営計画を発表した。前中計が未達で終わり、掲げてきた売上高5兆円目標を据え置く。主力の火力発電事業の先行きは不透明。フォークリフトなど中量産品が当面の収益をけん引する。「持続成長軌道に入る第一歩」(宮永俊一社長)に位置付けるが迫力不足は否めない。

「財務基盤は健全な水準に到達し、企業統治改革もおおむね完了した」。会見で宮永社長が胸を張った数少ない成果だ。事実、有利子負債は2年連続で減少し、自己資本比率は33・3%(15年度30・5%)向上。新中計期間に合計1兆3200億円の営業キャッシュフローを創出し、9600億円を新規事業や生産性向上など成長投資に振り向ける。

巨額の損失を計上した客船事業は終わり、損失負担を巡り日立製作所と係争が続く「南アフリカの火力発電所の工事はピークを過ぎた」(小口正...

(残り:705文字/本文:1,105文字)

(2018/5/9 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン