[ 科学技術・大学 ]

【電子版】米スペースX、改良型「ファルコン9ブロック5」ロケット打ち上げ成功 ブースターも無事帰還

(2018/5/12 12:00)

  • 打ち上げに成功したスペースXの「ファルコン9ブロック5」ロケット(スペースX提供)

 米宇宙ベンチャーのスペースXは11日午後4時14分(現地時間)、フロリダ州の米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターからバングラデシュの通信衛星「Bangabandhu Satellite-1」を搭載した「ファルコン9ブロック5」ロケットを打ち上げた。衛星は打ち上げから約33分後に地球の静止軌道に投入された。同ロケットは技術的トラブルにより、発射約1分前にカウントダウンが自動停止。当初予定していた10日の打ち上げを翌日に延期していた。

 ファルコン9ブロック5は、NASAの基準を満たした有人宇宙飛行による国際宇宙ステーション(ISS)との往復飛行を目指すロケット。従来のファルコン9ロケットの実質的な最終アップグレードモデルに位置付けられ、地球上の2拠点間を1時間以内に移動し、最終的には人間を乗せて火星に行くことを目指すBFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)開発を念頭に設計されている。

 迅速な再利用を目的として熱シールドや着陸脚に改善が図られていて、カラーリングも一部で黒色に変更された。スペースXの発表によると、限定されたわずかなチェックと改修で10回以上の再使用フライトが可能で、さらにリファービッシュによる再整備で100回、24時間後の再打ち上げにも耐えられる設計だという。

 まさに「宇宙タクシー」実現に着々と進むスペースXは、今回も再使用型ロケットの帰還技術で強さを見せつけた。“Of Course I Still Love You”と名付けられた大西洋上のドローン艀に、打ち上げ約8分30秒後には第1段ロケット・ブースターを無事に垂直軟着陸させることに成功した。

 スペースXは昨年6月に、ISS向け再使用ロケットでケープカナベラル空軍基地にブースターの垂直着陸を成功させているほか、今年2月には超大型のファルコンヘビーでも同様に、陸上回収に成功している。陸での着陸と並行して、洋上台船での回収試験も進行する。16年4月に初成功し、今回もより不安定な海洋上での垂直着陸を目指していた。

Bangabandhu Satellite-1 Mission(SpaceX提供)

(2018/5/12 12:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる