[ 環境・エネルギー ]

【電子版】トランプ米政権、原発でのMOX燃料利用断念 余剰プルトニウムは地下処分

(2018/5/14 17:30)

  • 米エクセロン・コーポレーションのドレスデン原発(11年3月、イリノイ=ブルームバーグ)

【ワシントン・ロイターES=時事】トランプ米政権は、解体核兵器から取り出した余剰プルトニウムを再処理したウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を原子力発電所で活用する構想について、コストがかかり過ぎるとして実現を断念した。

 エネルギー省は今月10日に上院委員会に提出した文書で、サウスカロライナ州サバンナリバーで進めるMOX燃料プロジェクトは、これまでに投じた76億ドルに加え、さらに約480億ドルの予算が必要になると試算。「サウスカロライナ州では(ミューメキシコ州にある地下処分場への)プルトニウム出荷に向けた処理を行っている。今後も続ける方針だ」と説明した。

 プルトニウムを地下埋蔵処分した場合、コストは199億ドル規模と推計されている。

 MOX燃料を使った発電をめぐり、オバマ前政権も実現を断念していた。その後、サウスカロライナ州の政治家らから、雇用対策としてMOX燃料活用を求める声が上がったため、エネルギー省は再検討していた。

(2018/5/14 17:30)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン