[ 機械 ]

スマートファクトリーJapan 2018(上)経産省とIPAほか

(2018/5/16 05:00)

「スマートファクトリーJapan 2018」(日刊工業新聞社主催)が5月30日―6月1日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される。出展する新しい技術やソリューションを一足先に紹介する。(3回連載)

◇  ◇

【経産省とIPA、仙台市など19地域の活動紹介】

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が地域のIoT(モノのインターネット)プロジェクト創出に向けた取り組みを支援する「地方版IoT推進ラボ」に選定された仙台市、神奈川県、新潟県、山梨県(写真)など19地域が実機などを用いて活動を紹介する。ブース内で選定地域の関係者によるプレゼンテーションも実施する。

【NTTデータ関西、個別受注生産型ERPを出展】

NTTデータ関西(大阪市北区、06・6455・3186)は、個別受注生産型の製造業向けに特化した統合業務パッケージ(ERP=写真)を出展する。設計や仕様の変更が頻繁に発生しても、進捗(しんちょく)管理や原価管理を柔軟に対応できる。量産型の製造業向けERP製品が多い中で、各業界の違いを考慮したシステムで差別化を図る。

【ムラテック情報システム、成形業向け生産管理システム】

ムラテック情報システム(京都市伏見区、075・672・8257)は、成形業に特化した生産管理システム「GMICS=写真」「MICS7」を出展する。MES(製造実行システム)機能を含み、最適なスケジューリングや稼働状況監視、実績管理、リアルタイム作業指示、金型・成形機の保守管理が可能。業務を見える化できる。

【トッパン・フォームズ、エネマネジメントシステム紹介】

トッパン・フォームズは無線通信規格「LPWA」を活用したエネルギーマネジメントシステム(写真)を紹介する。同システムで発光ダイオード(LED)照明や空調の消費電力を計測・制御すると、工場やビルなどの省エネルギーにつながる。そのほかセンサーを使ってビルや橋などの振動データを収集するシステムなども展示する。

【東芝情報システム、製造現場の効率化サービス提案】

東芝情報システム(川崎市川崎区、044・200・5111)は製造現場などの先進・効率化サービスを提案する。高性能小型デバイス「DE100=写真左」などを使い現場作業者と遠隔で視界や音声を共有するソリューションや、定型業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)導入支援などを紹介する。

(2018/5/16 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン