[ オピニオン ]

産業春秋/農産物で地域活性化

(2018/5/16 05:00)

市場を訪れる楽しみは食べ歩き。千葉県北部で最大の成田市場ですしを食べた。もう一軒はしごする予定だったが、年のせいか、おなかが一杯で断念した。

東京・築地市場や豊洲新市場と比べると、規模ははるかに小さいが、注目すべき点は地の利を生かし、輸出拠点機能を持たせることで、再生の糸口を見い出そうとしている点だ。老朽化が進んでいることから、成田国際空港の隣接地に移転拡張し、2020年から供用を始める。

輸出手続きをワンストップ化するのが特徴で、英国で日本産農作物を試験販売する際には90分で完了した。卸売価格が1個930円の千葉県産和梨が同3600円で売れるなど、輸送コストをプラスしても、日本産の特徴ある青果物の販売は好調だった。

成田市の担当者は「手応えを感じている。日本の農林水産物全体の輸出増加につなげたい」と言葉にも力が入る。東京五輪・パラリンピックには多くのインバウンド(訪日外国人観光客)が訪れる。日本の農林水産物を世界に知らしめる絶好の機会だ。

トランジットの際にも活用できるため、飲食店やイベントが充実すれば魅力のある観光資源になる。国内の観光客も呼び込めれば地域の活性化にもつながるだろう。

(2018/5/16 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン