[ 科学技術・大学 ]

【電子版】気象庁、新型スパコン来月始動 能力10倍 台風予測5日先まで

(2018/5/16 16:30)

  • 気象庁が運用を開始する新型スーパーコンピューター「Cray XC50」(10日、時事)

 気象庁は16日、気象予報に使うスーパーコンピューターを新型に更新し、6月5日に運用を始めると発表した。同月以降、降雨量の細かい予測や台風の強さの予報期間延長など、新機能を段階的に導入する計画だ。

 気象庁として10代目のスパコンとなる「Cray XC50」は、予報に関わる計算能力が現行機の約10倍に向上した。5年間の運用費用も合わせた開発費は約100億円。

 地点ごとの細かい降雨量予測は現在、6時間先までだが、6月下旬から15時間先に延びる。未明の豪雨が前日夕方までには予測でき、明るいうちに避難を呼び掛けることができる。

 台風の最大風速や気圧といった強さの予報も、現行の3日先から5日先まで延長される。また2週間先の気温を、具体的な温度を示して予報できるようになる。

 来年度前半には、21通りの予測を組み合わせる「メソアンサンブル予報システム」を導入。集中豪雨や暴風などの早期予測を目指す。(時事)

(2018/5/16 16:30)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン