[ 科学技術・大学 ]

【電子版】気象庁、新型スパコン来月始動 能力10倍 台風予測5日先まで

(2018/5/16 16:30)

  • 気象庁が運用を開始する新型スーパーコンピューター「Cray XC50」(10日、時事)

 気象庁は16日、気象予報に使うスーパーコンピューターを新型に更新し、6月5日に運用を始めると発表した。同月以降、降雨量の細かい予測や台風の強さの予報期間延長など、新機能を段階的に導入する計画だ。

 気象庁として10代目のスパコンとなる「Cray XC50」は、予報に関わる計算能力が現行機の約10倍に向上した。5年間の運用費用も合わせた開発費は約100億円。

 地点ごとの細かい降雨量予測は現在、6時間先までだが、6月下旬から15時間先に延びる。未明の豪雨が前日夕方までには予測でき、明るいうちに避難を呼び掛けることができる。

 台風の最大風速や気圧といった強さの予報も、現行の3日先から5日先まで延長される。また2週間先の気温を、具体的な温度を示して予報できるようになる。

 来年度前半には、21通りの予測を組み合わせる「メソアンサンブル予報システム」を導入。集中豪雨や暴風などの早期予測を目指す。(時事)

(2018/5/16 16:30)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン