[ 環境・エネルギー ]

【電子版】九電、玄海3号機が営業運転 7年5カ月ぶり

(2018/5/16 19:00)

  • 佐賀県玄海町の九電・玄海原発3号機(中央)。左は4号機(唐津市鎮西町から撮影、時事)

 九州電力は16日、再稼働した玄海原発3号機(佐賀県玄海町、出力118万キロワット)が営業運転を始めたと発表した。営業運転は7年5カ月ぶり。九電は3号機の再稼働で、火力発電の燃料費に換算して月55億円程度を削減できると試算している。

 3号機は3月23日に再稼働したが、同30日に配管の蒸気漏れが判明した。発電を停止して配管を交換し、4月18日に再び発電を開始。同23日にフル稼働状態に達していた。

 4号機も再稼働に向け核燃料の搬入を終えていたが、今月2日に1次冷却材ポンプの不具合が発覚。再稼働は予定の今月下旬から6月に延びる見通し。(時事)

(2018/5/16 19:00)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン