[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】「新幹線は札幌開業で大幅改善」JR北海道・島田社長、営業赤字100億円で

(2018/5/17 13:30)

  • JR北海道の島田修社長は札幌延伸までは厳しい収支が続くという認識を示した

 JR北海道の島田修社長は16日の定例記者会見で、10日発表した2018年3月期決算で北海道新幹線の営業赤字が約100億円に上ることについて「(30年度末の)札幌開業を果たせば、収支は大幅に改善できる」と述べ、札幌延伸までは厳しい収支が続くという認識を示した。

 島田社長は、赤字の要因として①新青森―新函館北斗間の部分開業②開業30年を迎えた青函トンネルの修繕コスト③貨物列車との共用走行による管理費用の負担―などを列挙。これらの特殊要因を除くと収支は改善できるとし、「何らかの形で解決していかなければならない」と強調した。

 また、26年冬季五輪招致を目指している札幌市が、延伸開業を見越し、30年大会へ招致の切り替えを検討していることに関しては「建設主体は鉄道建設・運輸施設整備支援機構が行うので、前倒し可能かはお答えできる立場にない」としつつ、開催が決まった場合は「間に合うように全面的に協力していく」と語った。(時事)

(2018/5/17 13:30)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン