[ ICT ]

【電子版】経済界、元号対応を本格化

(2018/5/18 05:00)

  • 昭和天皇の崩御に伴う改元で、新元号を発表する小渕恵三官房長官(当時)、1989年1月7日

 新元号公表が2018年5月の改元1カ月前に決まったことを受け、経済界は対応を本格化させる。コンピューターシステムなどの和暦から西暦への転換は進んでおり大きな混乱は避けられそうだが、一部では準備が間に合わない可能性もある。

 全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は17日の定例記者会見で、改元直前の元号公表となったことについて「決められた中で最善を尽くす。しっかり対応したい」と述べた。

 金融機関は和暦の申込書や契約書を差し替えるほか、システム対応も必要。メガバンクなどは「大きな影響はない」としているが、「これまで想定していた2カ月前でも全部は無理だった。1カ月前と言われると、現時点でどう対応していいのか」と頭を抱える大手生保関係者もいる。

 手帳業界にも影響が出そうだ。翌年用の手帳は4月から印刷を始め9月に発売するが、ある大手メーカーは「発売時期を遅らせても、新元号を記載するようにする」(幹部)と話しており、2020年版の発売時期はずれ込む可能性がある。

 基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を販売する日本マイクロソフト(東京)は、新元号への対応を検討中だ。焦点の一つは、2文字の元号を1文字に収めて表示する「合字」の扱い。国際団体の認証が必要になるが、同社は「改元までに間に合わせるよう努力する」(広報)と述べるにとどめている。(時事)

(2018/5/18 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる