[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】シンガポール航空、傘下のシルクエアーを統合へ

(2018/5/19 09:00)

  • シルクエアーは客室改装に1億シンガポールドル以上を投じ、SIA機と同レベルの客室にするという(3月28日、シンガポール・チャンギ国際空港=ブルームバーグ)

【シンガポール=時事】シンガポール航空(SIA)は18日、傘下の域内旅客航空子会社シルクエアーをSIA本体に統合すると発表した。具体的な統合時期は明らかにしていないが、2020年からシルクエアー機の客室改装を行い、多くの機材で改装が完了した段階で統合するという。

 統合は世界的に評価の高い基幹ブランドのSIAに統一することで、グループ全体の競争力を高める狙いがあるとみられる。ゴー・チューンフォン最高経営責任者(CEO)は今回の決定について、「グループとして、より強い将来に向けて備えるためだ」としている。

 SIAグループでは17年7月、格安航空会社(LCC)のスクートとタイガーエアを統合し、スクートブランドに一本化した。シルクエアーのSIAへの統合で、グループの旅客部門のブランドはSIAとスクートのみになる。

 シルクエアーは1975年、SIAのチャーター便運航会社トレードウィンズ・チャーターズとして設立された。89年にトレードウィンズ・エアラインズとして定期旅客便の運航を開始。92年には現在の名称に変更した。現在、エアバスA320シリーズ11機、ボーイング737シリーズ22機を保有。16カ国49都市に就航している。日本との間では、広島直行便(昨年10月開設)が週3便運航されている。

 SIAはシルクエアー統合に向け、シルクエアー機の客室改装に1億シンガポールドル以上を投じ、SIA機と同レベルの客室にする。ビジネスクラスの座席をフルフラットシートにするとともに、ビジネス、エコノミー両クラスで座席の機内エンターテインメントのシステムを導入する。

(2018/5/19 09:00)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる