[ 政治・経済 ]

【電子版】防衛省、空自機「E2D」にCEC搭載検討 イージス艦と情報共有へ

(2018/5/19 13:00)

  • 航空自衛隊に導入予定の早期警戒機E2Dと同型の米海軍機(17年2月、米軍岩国基地=時事)

 防衛省は17日、敵ミサイルへの迎撃能力を強化するため、艦艇や航空機の間で標的情報を相互に共有する新たなシステム「共同交戦能力(CEC)」を、来年以降に本格運用する航空自衛隊の早期警戒機E2Dに搭載する方向で検討に入った。同システムを既に運用している米イージス艦との情報共有も可能になり、安全保障関連法に基づく米艦防護などへの活用を想定している。自衛隊と米軍の運用一体化はさらに進みそうだ。

 防衛省は今年12月から、4機のE2Dを空自に順次導入する予定。CECを空自機に搭載すれば、上空で探知した敵の長距離巡航ミサイルなどの情報が、離れた場所にいる海上自衛隊や米軍のイージス艦でも瞬時に共有される。その照準情報に基づき、イージス艦は迎撃が可能となる。

  • 共同交戦能力(CEC)のイメージ(時事)

 海自イージス艦は現在、自身のレーダーが標的を探知した場合にしか迎撃できないが、同省はCECを通じた海空の情報共有により「死角が低減する」(幹部)との効果を見込む。年末に策定する中期防衛力整備計画に反映させる考えだ。

 同省は、集団的自衛権行使を可能とする安保法の下、CECを運用する米軍との連携強化を進める。CECに関しては、2019~20年度に配備予定の海自イージス艦2隻に搭載する方針を決定済みで、海自のP1哨戒機や、23年度の運用を目指す陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」への導入も検討する。(時事)

(2018/5/19 13:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン