[ 政治・経済 ]

【電子版】「開催されなくてもいい」トランプ氏、米朝会談 延期の可能性も

(2018/5/23 05:00)

  • 韓国の文在寅大統領と会談中したトランプ大統領(22日、ワシントン=ブルームバーグ)

【ワシントン=時事】トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで韓国の文在寅大統領と会談した。ロイター通信によると、トランプ氏は冒頭、6月12日の米朝首脳会談について、開催されれば素晴らしいものになるだろうが、開催されなくても構わないと表明した。その上で、開催には条件があり、満たされなければ開催されないと指摘。今回開催されなくても、後日行われるかもしれないと述べ、延期される可能性も排除しなかった。

 北朝鮮が米朝首脳会談実施の再考を示唆したのを受けて、米政権内では米朝会談への懐疑的な見方も浮上。トランプ氏には金正恩朝鮮労働党委員長の真意をめぐり文氏と意見交換する狙いがある。

 韓国大統領府によると、文氏はこれに先立ち、ポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談。米朝会談成功に向けた正恩氏の意思は明確だと強調し、米側も最善を尽くすよう要請した。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏は、北朝鮮の金桂冠第1外務次官が16日の談話で、経済支援と引き換えに核放棄はしないなどと主張したことに反発。正恩氏との会談が「政治的な屈辱」になりかねないと懸念を深めている。危険を冒してまで会談の準備を進めるべきかどうか側近らに意見を求めているという。

 文氏は米朝会談を予定通り開催するよう働き掛けているが、米政権内では北朝鮮の会談への真剣さを疑問視する声も上がり始めている。ペンス副大統領は21日、FOXテレビに出演し、「正恩氏がトランプ氏を手玉に取れると思ったら大間違いだ」と述べ、会談中止の可能性もあると警告した。

 ただ、トランプ政権は、会談に向けた準備を続けている。北朝鮮が、非核化を制裁解除に先行させる「リビア方式」に反発していることを受け、トランプ氏は体制の保証を言明。核計画の放棄後に体制転換が起きたリビアとは「異なる方式を取る」と配慮を見せた。

(2018/5/23 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン