[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ウーバーの自動運転車、事故時の緊急ブレーキ プログラム設定なし

(2018/5/25 10:30)

  • 米ウーバーの自動運転車が自転車を押して車道を歩いていた女性を死亡させる事故を起こした時の車載カメラ映像。警察が公表した(3月18日、テンピ=AFP・時事)

 米ウーバー・テクノロジーズの自動運転車がアリゾナ州で3月に歩行者をはねて死亡させた事故で、同車両は犠牲者となった女性を含め、行く手の障害物との衝突を避けるため停止するようプログラムされていなかった。連邦当局が指摘した。

 米運輸安全委員会(NTSB)が24日に公表した事故調査の暫定報告書によると、アリゾナ州テンピで実験中だったウーバーのスポーツタイプ多目的車(SUV)は、夜間に横断歩道以外の場所から道路を横切っていた女性をセンサーで感知し、最終的に「緊急ブレーキ操作で衝突を緩和することが必要」と結論付けたものの、システムはブレーキを作動させることができなかった。

 「ウーバーによると、車両が不規則な動きをする可能性を低下させるため、コンピューター制御されている状況では緊急ブレーキ操作は有効にされていない」と同委は説明した。

 ブレーキを踏む責任は、自動運転車をモニターするため運転席に座っていたセーフティードライバーに残された。ウーバーのコンピューターは同車両が1.3秒後(約25メートル先)に歩行者をはねると結論付けたものの、セーフティードライバーに警告せず、当時そのドライバーも道路から目を離していたという。

 NTSBの暫定報告書は、自動運転システムだけでなく、衝突時のセーフティードライバーや歩行者の行動に関する複数の疑問を提起した。歩行者は体内から薬物が検出されており、車の往来を予期していなかったとNTSBは指摘。同報告書は衝突原因を明確にしていない。

 ウーバーは23日、この事故を踏まえてアリゾナ州での自動運転試験を恒久的に中止すると発表した。

 NTSBによると、テンピでの衝突事故を起こしたボルボのSUV「XC90」には自動ブレーキシステムを作動することが可能なセンサーが搭載され、ドライバーの認知度を感知する機能もあったが、自動走行モードで運用中にはこれらのシステムは常に無効にされていた。(ブルームバーグ)

(2018/5/25 10:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン