[ 科学技術・大学 ]

【電子版】胃腸の出血、無害な細菌反応で即時検出 米MITがカプセル

(2018/5/27 07:00)

  • 胃腸の出血をリアルタイムで検出するカプセル。カプセル内視鏡の技術を発展させた(米マサチューセッツ工科大提供、時事)

 米マサチューセッツ工科大(MIT)などの研究チームは、カプセル内視鏡の技術を発展させ、胃潰瘍や胃がんなどによる出血をリアルタイムに検出できるカプセルを開発した。赤血球の成分に反応して光るよう遺伝子操作した無害な細菌を搭載したのが特徴。25日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 カプセルの長さは4センチメートル弱で、実用化には小さくする必要がある。検出対象の物質を変えることで、胃腸の難病の炎症や病原菌による感染症などの診断に使える可能性があるという。

 病院で現在使われるカプセル内視鏡は、カプセルに超小型のカメラとライト、電池、電波送信装置を搭載。患者が口から飲むと、胃腸を進みながら動画を撮影し、体の外部に装着した記録装置に送る。使い捨てで、大便と一緒に排出される。 

 米研究チームはカメラを搭載する代わりに、遺伝子操作した細菌を収納する区画を四つ作製。外部とは半透膜で仕切り、赤血球成分の鉄を含む物質「ヘム」が区画内の細菌に届くようにした。細菌がヘムに反応すると光り、この光をセンサーで捉えて電波を送信する仕組み。ブタに飲ませる実験で実証し、受信とデータ記録はスマートフォンでできるという。(時事)

(2018/5/27 07:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる