[ オピニオン ]

産業春秋/ロケットの未来を担う高校生

(2018/5/29 05:00)

「北からのミサイル騒動の頃は『物騒だ』といわれ、市民の関心も薄かった」と振り返る埼玉県立大宮工業高校校長の宮原浩さん。同校のラジオ部は、高校生によるモデルロケットの競技会「ロケット甲子園」で2年連続して優勝。7月、英ファンボローで開かれる「モデルロケット国際大会」に出場する生徒たちの取り組みを見守っている。

自ら製作・運用する小型ロケットは全長約1メートル、重さ約600グラム。国際大会は生卵を載せて高度243メートルに打ち上げ、約40秒の滞空時間を経て、見事割らずに着地回収する競技だ。

戦う相手は米英仏の生徒ら。“航空先進国”と違い日本のモデルロケットを取り巻く環境は厳しい。動力に火薬を使うため規制がきつく、市街地にある校庭で実物大のロケットを打ち上げられない。

それでもシミュレーションに励み、大宮工業高は17年の仏パリ大会で準優勝に輝いた。事前打ち上げができないから、まさに一発勝負。「部員の意欲と教師たちの努力が実った」(宮原さん)。

欧州で開く国際大会は世界最大級の航空ショーの中で実施され、日本航空宇宙工業会も後押しする。モノづくりの未来を担う日本の若者が、航空宇宙界の一角で奮闘する姿は頼もしい。

(2018/5/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる