[ ロボット ]

ドローン申請数、3月以降急増

(2018/5/30 05:00)

飛行ロボット(ドローン)の飛行申請件数が、3月以降、急増していることがわかった。イベントや都市上空でドローンを飛ばす際は、国土交通相の許可を得るために国土交通省への申請が必要。国交省への申請件数は改正航空法が施行された2015年12月以降、ほぼ月に千数百件ペースで推移していたが、3月になって2136件(2月は1697件)と初めて2000件を突破。4月も2951件と、3000件に迫った。

増勢の理由について国交省は「ドローンビジネスやドローンの有効性が、一般にも知れ渡ってきたためではないか」と分析している。ヘリコプターより小型で小回りがきくため、タワーマンションや観光地の宣伝画像撮影などに利用できる。

飛行目的で最も多いのは空撮で全体の41%、他では測量(9%)、インフラ点検・保守(7%)、災害対応(6%)などが上位。エリア的には人口集中地区の都市部が多い。

(2018/5/30 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

機能セル設計
“魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

機能セル設計 “魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

誰も教えてくれない 
「生産管理システム」の正しい使い方

誰も教えてくれない 「生産管理システム」の正しい使い方

製造業のUX

製造業のUX

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいIoTの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本

中小企業が始める!生産現場のIoT

中小企業が始める!生産現場のIoT

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン