[ オピニオン ]

産業春秋/白黒フィルムの出荷終了

(2018/5/30 05:00)

一つの時代が終わりを迎える。富士フイルムが、1936年に発売した白黒フィルムの出荷を10月に終了する。デジタルカメラなどの普及で需要の低迷が続いたことから、82年の歴史に幕を下ろす。

「ネオパン」の製品名で親しまれた同社の白黒フィルム。カラー写真に比べ情報量は圧倒的に少ないが、カラーで映像を認識する人間にとって、白黒世界の非日常を体験できるのが魅力だ。

富士フイルム撤退で日本製白黒フィルムは市場から姿を消す。寂しい限りだが、デジタルカメラやスマートフォンといったデジタル機器の革新性にはかなわない。事業性を考えれば仕方のないことか。

デジタル化の流れは我々の生活や企業活動に革命を起こした。金融業界では、フィンテック(金融とITの融合)のうねりが起こっている。技術の進化は人手作業を自動化し、銀行業務を一変させる可能性を持つ。

店舗業務自動化などが柱となるが、人間は多様化する顧客ニーズを的確にくみ取るコンサル業務などに軸足を移す。超高齢化社会を控え、顧客と顔をつき合わせるアナログ的な業務は欠かせない。白黒フィルムも芸術分野などで一定需要があるはず。人間が存在する限りアナログ技術は連綿と生き続ける。

(2018/5/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる