[ オピニオン ]

産業春秋/北九州空港の国際定期貨物便

(2018/5/31 05:00)

日本の食材が海外で人気になって久しい。西日本からもイチゴや魚、肉に日本酒、緑茶といった高級食材が続々と海を渡っているが、まだまだ伸びる余地はある。

全日本空輸が、6月から北九州空港に国際定期貨物便を就航する。九州と中国地方の商品を、那覇空港を経由してアジア主要6都市に運ぶ。関西や関東を経由する必要がないため、域内の物流モデルが大きく変わる。

自動車や電子部品が主だが、食品輸出も注目だ。国は農林水産物・食品の輸出を2012年の約4500億円から、20年までに1兆円規模に拡大する目標を掲げる。高級食材が多い九州や中国地方にかかる期待は大きい。

北九州空港は域内唯一の24時間空港のため、深夜発であれば翌早朝にバンコクやシンガポールにまで商品が届く。こんなビジネスチャンスを逃す手はなかろう。

人気が急騰しているブリ、ワイン好きをもうならせる清酒、マンゴーやメロンなどの果実。日本人でさえ、めったに味わうことがない幻の逸品が地方にはまだある。増え続ける外国人観光客に対するおもてなしも大事だが、挑戦するアウトバウンド精神こそ国を豊かにする。この機を逃さず、生産者や流通業者は新たな市場に羽ばたいてほしい。

(2018/5/31 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる