[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ウェイモとフィアットが提携拡大 自動運転車6万台供給

(2018/6/1 07:30)

  • ウェイモの自動運転試験車(FCAのパシフィカ・ハイブリッド、ウェイモ提供)

 自動運転技術の開発を手掛ける米ウェイモは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との提携を拡大する。両社が5月31日に発表した。FCAはプラグインハイブリッドのミニバン「クライスラー・パシフィカ」6万2000台をウェイモに新たに供給する。

 両社は1月、ウェイモがFCAのミニバンを追加購入する計画を発表していたが、具体的な台数は示していなかった。ウェイモは既に複数の都市でパシフィカ約600台を自動運転試験で運用している。

 今回の発表により、アルファベット傘下のウェイモは自動運転車を使った配車サービスの開発競争で一歩先に進んだ。同社は年内にアリゾナ州フェニックスで同サービスを開始する予定。ウェイモとFCAの発表に先立ち、この日はソフトバンクのビジョン・ファンドが米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転車部門に22億5000万ドル(約2450億円)投資することも発表された。

 ソフトバンクの動きで自動運転車分野の潜在的価値があらためて注目され、3社の株価は上昇。GMは一時13%、FCAは4.9%、アルファベットは3%、それぞれ値上がりした。

 FCAとウェイモはさらに、ウェイモの自動運転技術をFCAが個人顧客向けに製造する車両に利用する可能性について協議を開始する。(ブルームバーグ)

(2018/6/1 07:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる