[ オピニオン ]

産業春秋/日本のがっかり名所

(2018/6/5 05:00)

「日本3大がっかり名所」というのがあるそうだ。観光名所として有名だが、行ってみると期待外れらしい。札幌の時計台、高知のはりまや橋が順当で、残り一つは長崎のオランダ坂や沖縄の守礼門など、諸説ある。

ガイドブックで見る時計台の写真は白い洋風の建物が鮮やかで、雄大な北海道のイメージと重なり期待が膨らむ。ところが実物はこぢんまりとした感じだ。ビルに囲まれているせいだろう。

時計台は1878年(明11)、北海道大学の前身である札幌農学校の演武場として建てられた。札幌農学校は「少年よ大志を抱け」で知られるクラーク博士が初代教頭だ。新渡戸稲造や内村鑑三ら、多くの人物を輩出した。

演武場に時計塔が設置されたのは1881年。1903年に当時の札幌市が演武場を譲り受け、このころから「時計台」と呼ばれた。時を刻み続け、札幌市のシンボルとして定着する。歴史をひもとくことで、時計台の価値の重みがわかる。

本年は北海道と命名されて150年。時計台を見ながら北海道の歴史に思いを巡らすのも一興だ。ただ今月から改修工事が始まった。外観がシートで覆われ見えなくなるという。知らずに行って、がっかりしないように注意いただきたい。

(2018/6/5 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン