[ 商社・流通・サービス ]

日本エアコミューター、リージョナル機70席仕様を導入

(2018/6/13 05:00)

  • (ATR提供)

日本航空(JAL)グループの日本エアコミューター(JAC)は年内にも、仏ATRのリージョナル機「ATR72―600」を国内で初めて導入する。JACはこれまでに同「ATR42―600」を4機導入し、同型機9機を発注。このうち1機をATR72に変更し、2018年末までに受領する。

ATR72は座席数が70席で、ATR42に比べて22席多い。発注機材の変更により、総提供座席数を増やす。JACではATR72を観光やビジネスなどで多くの利用が見込まれる路線への就航を予定。1座席当たりの運航コスト削減が期待できるという。

ATRのターボプロップ機は、短い滑走路や小さい飛行場でも離着陸が可能で、今後、地方路線における主力機材になるとみられている。

(2018/6/13 05:00)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

おもしろサイエンス 
天然染料の科学

おもしろサイエンス 天然染料の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい磁力の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい磁力の本

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド
第5版 <2019年度試験改正対応>

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド 第5版 <2019年度試験改正対応>

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン