[ オピニオン ]

産業春秋/消費税率引き上げ問題

(2018/6/13 05:00)

「経済財政運営と改革に関する基本方針」いわゆる『骨太の方針』の原案が公表された。2018年版は急務である高齢化対策として多様な取り組みを打ち出した点が評価できる。しかし財政健全化への踏み込み不足は否めず“骨太”とは言い難いものとなっている。

今回の原案で特筆すべきは『消費税』という言葉の登場回数の多さ。実に50回近くに達し、政府が19年10月に予定する消費税率10%への引き上げ実現に向けた意欲の大きさを物語っているかのようだ。

10%への消費税率引き上げはこれまでたびたび延期されてきた。当初は15年10月に予定されたが、14年11月に1年半の延期を決定した。さらに16年6月には再延期を決定、19年10月へと2年半の先送りとなった。

最初の先送りの際、安倍晋三首相は2四半期連続で国内総生産がマイナスとなったことを理由にあげた。今年1―3月期がマイナスだったため、もし4―6月期もマイナスだった場合、2期連続マイナスとなり、先送りの口実ができる。

財務省は決裁文書改ざん問題などで信頼感、存在感を薄めている。だが、消費税率の引き上げは財政健全化に不可欠。旗振り役である財務省は本来の役割をしっかり果たしてもらいたい。

(2018/6/13 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン