[ 新製品 ]

ベンツ日本、「Gクラス」改良 気筒休止システム採用

(2018/6/14 05:00)

メルセデス・ベンツ日本(東京都品川区、上野金太郎社長、03・6369・7200)は、高級スポーツ多目的車(SUV)「Gクラス=写真」を大幅改良し受注を始めた。排気量4000ccのV型8気筒直噴ツインターボエンジンに気筒休止システムを採用し、燃費効率を向上させた。消費税込みの価格は1562万円から。納車は8月下旬以降となる。

新型Gクラスは、ボンネットやドアなどの車体部品に、超高張力鋼板(超ハイテン)やアルミニウムを使用したことで従来モデルと比べ約170キログラム軽くした。軽量化したことにより、車体を全長53ミリメートル、全幅64ミリメートル拡大して室内空間を広げた。運転席と助手席だけでなく、後部座席の居住性も大幅に向上させた。

運転支援システムでは、渋滞追従機能やドアミラーの死角範囲をレーダーで検知して危険を運転者に警告する「ブラインド・スポット・アシスト」機能などを標準搭載した。大型化した車体の利便性を高めるため、車両周囲の状況をモニターする「360度カメラシステム」も搭載した。

(2018/6/14 05:00)

新製品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン