[ 新製品 ]

ヤマハ、AI搭載レシーバー投入 ホームシアター向け

(2018/6/21 05:00)

  • ヤマハのホームシアター向けAVレシーバー「RX−A3080」

【浜松】ヤマハは独自開発の人工知能(AI)を搭載した初の製品となるホームシアター向けAV(音響・映像)レシーバー「RX―A3080」など3モデルを8月下旬に発売する。視聴するコンテンツの場面や状況に合わせてAIが適切な音のバランスを判断し、自動で調節する。消費税抜きの価格は14万―28万円。

機器内部の音場処理に関わるチップに自社開発のAI「サラウンドAI」を組み込んだ。使用者による音の設定の切り替えの必要がなくなるため、なめらかで臨場感のある音響効果が得られるという。

同社はこれまで2016年に開発した「人工知能演奏システム」を使った、人とAIの合奏によるライブコンサート開催などを実験的に行ってきたが、製品への展開は今回が初めて。

(2018/6/21 05:00)

電機・電子部品・情報・通信2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン