[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】中国BYD、24ギガワット級世界最大「EV電池」工場 来年にフル稼働へ

(2018/6/28 19:00)

  • 北京モーターショーで公開されたBYDの新型PHV「Qin Pro」(18年4月、北京=ブルームバーグ)

  • BYD本社(中国・深圳=ブルームバーグ)

 ウォーレン・バフェット氏が出資する中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪(BYD)は、来年にはEV向け電池工場としては世界最大となる可能性のある施設を建設している。生産能力を高め、利益の伸びを復活させるための取り組みの一環だ。

 BYDによれば、青海省にある工場が2019年にフル稼働した際の年間生産能力は24ギガワット時となる。これは同社のEV「唐」120万台を十分賄える規模。投資総額は100億元(約1670億円)。20年までに電池生産能力を4倍近くに引き上げることを目指す。

 新エネルギー車の生産で中国最大手のBYDは、電池の自給自足で他の自動車メーカーとの差別化を図っており、携帯電話向け電池メーカーとして出発した同社には電池生産における強みもある。同社はまた、過去10年のうち5年が減益となったことを受け、他の自動車メーカーへの電池販売で収入源を増やそうと生産を拡大しつつあり、同事業のスピンオフ(分離・独立)を計画している。

 新工場は広さ100万平方メートルと、サッカー競技場約140面に相当。およそ100体のロボットが物流や製造を手掛ける、完全に自動化された施設となる。

 ライバル会社の米テスラはネバダ州のギガファクトリーを拡大しつつある。イーロン・マスク氏率いる同社は中国でのギガファクトリー建設を計画している。中国の寧徳時代新能源科技(CATL)も24ギガワット級の工場を建設中で、20年前後に完成の予定。(ブルームバーグ)

(2018/6/28 19:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる