[ エレクトロニクス ]

【電子版】米、ZTEの一部事業活動の暫定的再開容認、購入解除も検討

(2018/7/4 13:30)

  • 中国・深圳のZTE本社(ブルームバーグ)

トランプ政権は中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)の米国内での一部業務活動の暫定的な再開を認めた。また、ZTEによる米国製半導体・部品の購入を7年間禁止する制裁措置の解除も検討している。ブルームバーグ・ニュースが文書を入手した。

米商務省産業安全保障局の承認は7月2日から8月1日まで有効。恒久的な命令がいつ下されるかは直ちに明白ではないが、事情に詳しい関係者1人によると、ZTEは8月1日までに米国側の要求に応じる見通し。

3日の中国・深圳市場で、ZTEの株価は約1年ぶりに値幅制限いっぱいの10%高となった。香港市場では7.6%上げた。

当局の承認によりZTEは、制裁措置が発動された4月15日以前に結ばれた契約での既存ネットワーク・機器のサポートが可能となった。

トランプ大統領は5月、中国の習近平国家主席への個人的な配慮によりZTE制裁を見直すと述べ、従来の方針を転換。トランプ政権は同月、13億ドル(約1440億円)の罰金支払いや経営陣刷新などを条件に事業継続を認めると発表した。

先週、ZTEは取締役全員の退任と新会長指名を発表し、制裁解除の条件履行へと大きく前進した。また米商務省当局者は6月22日、ZTEがエスクロー勘定への4億ドルの入金により最後のハードルのクリアに近付いていると述べた。

ZTEの新たな経営陣は今後、電話会社や法人顧客の信頼回復に努める必要がある。また制裁措置発動以来、同社は少なくとも30億ドルの損失を被ったとみられるという。

一方、米議会では超党派グループが引き続き、ZTEが米国家安全保障を脅かし得ると懸念しており、制裁再開を目指す法案成立に取り組んでいる。(ブルームバーグ)

(2018/7/4 13:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる