[ 金融・商況 ]

【電子版】公的年金、17年度運用益10兆810億円 2年連続黒字

(2018/7/8 07:00)

  • 第4四半期は貿易摩擦の懸念から株価も伸び悩み、5.5兆円の赤字となった(ブルームバーグ)

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6日、2017年度の運用益が10兆810億円だったと発表した。運用益の黒字は2年連続で、前年度比では27.0%増。収益率は6.9%だった。国内外の景気拡大で株価が上昇したことが寄与した。ただ、年度末にかけては米国発の世界的な貿易摩擦への懸念で伸び悩み、第4四半期(18年1~3月期)の運用損益は5兆5408億円の赤字となった。

 17年度末は、市場運用を始めた01年度からの累計運用益が63兆4413億円、運用資産額が156兆3832億円と、年度末としてはともに過去最高を記録。ただ四半期ベースでは、累計運用益、運用資産額とも第3四半期末(17年12月末)の数字がこれを上回った。01年度から17年度までの累積収益率は年3.12%となった。

 17年度の運用益の内訳は、国内株が5兆5076億円、外国株が3兆5140億円、国内債が3622億円、外国債が6740億円。運用資産に占める国内債の比率が27.5%と過去最低になる一方、国内株、外国株、外国債の比率はいずれも過去最高となった。

 GPIFは3月末時点で2321銘柄の国内株を保有。時価総額順では1位がトヨタ自動車で1兆3780億円、2位が三菱UFJフィナンシャル・グループで7802億円、3位が三井住友フィナンシャルグループで5976億円だった。(時事)

(2018/7/8 07:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン