[ トピックス ]

【電子版】西日本豪雨/浸水車両使用は危険、感電や発火の恐れ 国交省が注意喚起

(2018/7/11 05:00)

  • 水没した車両を移動させる住民ら(9日午前、岡山・倉敷市=時事)

 西日本を中心とした豪雨による被害を受け、国土交通省は、浸水した自動車は感電や発火などの事故が起きる恐れがあるとして、使用を控えるよう呼び掛けた。

 国交省によると、浸水した車両には水分が残っている可能性があり、バッテリーから漏れた電気に感電したり、電気系統のショートなどによって火災が発生したりすることがある。同省は「使用する場合は購入した販売店や整備工場などに相談し、自分でエンジンをかけないようにしてほしい」と注意喚起している。(時事)

(2018/7/11 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる