[ 科学技術・大学 ]

【電子版】NASAの有人宇宙飛行、計画延期も スペースXなど認証遅れ

(2018/7/12 17:00)

  • イーロン・マスク氏のスペースX FALCOM9ロケットとISSに飛行士と物資を運ぶDRAGON補給船(同社提供)

【ワシントン=時事】米議会付属の政府監査院(GAO)は11日、航空宇宙局(NASA)が計画する有人宇宙飛行再開について、目標の2019年に間に合わない可能性があるとする報告書を公表した。打ち上げを請け負う民間企業2社の計画認証が遅れているためで、国際宇宙ステーション(ISS)への米宇宙飛行士輸送が中断することもあり得るという。

 11年のスペースシャトル退役後、NASAはロシアの「ソユーズ」を使って米宇宙飛行士をISSに送っている。ソユーズ搭乗契約が19年11月で終了するのをにらみ、NASAは14年、ボーイングとスペースXの両社と宇宙飛行士輸送計画に関する契約を締結した。

 報告書は民間2社とも「設計やハードウエア製造を前進させている」としながらも、有人飛行に必要な認証が、宇宙飛行士の安全基準に絡む問題で、いずれも当初計画の17年から19年にずれ込んだことを指摘。「さらなる遅れもあり得る」という見通しを示した。

 ソユーズ搭乗に関する新たな契約締結には時間を要するため、民間2社の計画がさらに遅れれば、NASAはISSに飛行士を送る手段を一時的に失いかねない。GAOは報告書で「米宇宙飛行士を切れ目なく送る選択肢を確保しなければ、ISSに投じた巨額資金を十分に回収できなくなるリスクが生じる」と警告している。

(2018/7/12 17:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

機能セル設計
“魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

機能セル設計 “魅力あるモノ”の開発設計を10倍効率化

誰も教えてくれない 
「生産管理システム」の正しい使い方

誰も教えてくれない 「生産管理システム」の正しい使い方

製造業のUX

製造業のUX

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいIoTの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本

中小企業が始める!生産現場のIoT

中小企業が始める!生産現場のIoT

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン