[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラ、米国納車台数20万台超 政府の税額控除 適用対象外に

(2018/7/13 14:00)

  • テスラは米国販売台数が20万台を突破。これにより米政府のEV普及施策の税控除適用対象から外れる初の自動車メーカーとなった(7月6日、カリフォルニア・ニューポートビーチ=ブルームバーグ)

 米テスラ電気自動車(EV)の購入者が受けてきた助成は、終わりが刻々と近づいている。

 同社がウェブサイトで明らかにしたところによると、「モデルS」「X」「3」の購入者が受けられる7500ドルの連邦税額控除は来年、段階的に廃止される。購入インセンティブ縮小の水準に達した自動車メーカーはテスラが初めて。

 税額控除制度は米国内のEV需要拡大を促してきたが、それでもEVが自動車市場に占める割合はわずか 1.1%にとどまっている。連邦政府の販売奨励策は、メーカーでの生産水準が高まり、コストが低下した時点で縮小するよう制度設計されている。インセンティブは、そのメーカーの米国内販売台数が20万台に達した2四半期後に3750ドルに半減し、さらにその2四半期後には消滅する。

 テスラの広報担当は同社の米国納車台数が今月20万台に達したことを確認した。つまり、7500ドルの税額控除は12月31日までは全額維持される。だが、この制度に変更がなければインセンティブはその後減り、2019年末にはゼロになる。(ブルームバーグ)

(2018/7/13 14:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!研削加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!研削加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

あたらしいアンチエイジングスキンケア
食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

あたらしいアンチエイジングスキンケア 食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

誰も教えてくれない 
「生産管理システム」の正しい使い方

誰も教えてくれない 「生産管理システム」の正しい使い方

製造業のUX

製造業のUX

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン