[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ユベントス獲得のC・ロナウド、移籍金145億円は高い フィアット組合がスト呼び掛け

(2018/7/14 08:00)

  • レアル・マドリードの欧州CL3連覇を喜ぶC・ロナウド(左)とジダン監督(5月26日、キエフ=AFP時事)

 サッカーのポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド選手の移籍でイタリアのユベントス・フットボール・クラブが計1億1200万ユーロ(約145億円)を支払う合意に抗議し、フィアット・クライスラー・オートモービルズの同国南部の組合がストライキを呼び掛けた。フィアットとユベントスのオーナーはいずれもアニエリ一族。

 同一族に対して組合は、スペインのレアル・マドリードから移籍するロナウド選手への大金を自動車生産で雇用拡大する投資に回せるのではないかと主張している。

 組合のUSBラボロ・プリバートは発表文で、フィアットと労働者が「大きな経済的犠牲を続ける中で、会社側が選手1人の獲得に何億ユーロも使うのは許されない」とし、イタリア南部のメルフィ工場で15日午後10時から17日午後6時までのスト実施を呼び掛けた。

 ユベントスは10日、ロナルド選手に移籍金として1億ユーロ、4年契約での追加手数料として1200万ユーロを支払うことで合意。アニエリ一族は90年以上、ユベントスのオーナーで、同チームの64%を保有する持ち株会社エクソールを通じてフィアットとフェラーリの経営権を持つ。

 組合は「われわれは皆、同じオーナーの従業員だが、社会が大変困難な時代にこれだけの待遇の差はあり得ないし、認めてはならない」とし、「会社側はたった1人を豊かにするためではなく、何千人もの将来を保証する自動車モデルに投資すべきだ」と主張している。(ブルームバーグ)

(2018/7/14 08:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる