[ オピニオン ]

産業春秋/壁破る金属3Dプリンター

(2018/7/19 05:00)

BMWが製造した冷却水ポンプ用インペラー。レーザー方式の金属3Dプリンターだと1個80ドルで、新方式だと5ドル。こんな新型機を売り込むのがMIT発ベンチャーの米デスクトップメタルだ。

レーザーも電子ビームも使わず、インクジェット方式で金属粉末を積み上げる高速・低コスト機で注目。キャタピラーはこの技術を使い、建機の交換部品のオンデマンド供給を見据える。

デスクトップメタルのリック・フロップ最高経営責任者(CEO)は「日本では自動車や建機大手への販売実績がある。中小はまだ様子見だが、期待できる市場だ」と話す。伸びしろは大きいのか、自ら金属3Dプリンターのユーザーの米GEも、世界最大級の部品が造形できる機種を含め日本での直販に乗り出した。

ただ、米本社がデスクトップメタルに出資するストラタシス・ジャパンの片山浩晶社長によれば、3Dプリンターへの日本企業の受け身姿勢も浮かぶ。「複雑形状に加え部品点数を減らせることから、欧米では設計や品質保証の壁を乗り越えようと突き進んでいる。対して日本企業は生産性がまだまだ、と言って思考停止している」。

己(おのれ)の壁を破るところにイノベーションは生まれると心得たい。

(2018/7/19 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる