[ 科学技術・大学 ]

【電子版】火星に深さ1mの湖、伊研究チームが「液体の水」初確認 無人探査機で調査

(2018/7/26 13:00)

  • 米航空宇宙局(NASA)の無人探査車「キュリオシティ」が撮影した火星表面の画像(13年12月、AFP時事)

【ワシントン=時事】米科学誌サイエンス(電子版)は25日、火星地表の氷床の下に「湖」があることが判明したと報じた。火星で液体の水の存在が確認されたのは初めてで、生命の痕跡探査が活発化しそうだ。

 欧州宇宙機関(ESA)の無人探査機「マーズ・エクスプレス」が、2012-15年に火星の周回軌道上からレーダーを使って地表を調査。火星南極付近にある厚さ1.5キログラムほどの氷床の下に、長さ約20キロメートルにわたり液体の水があることが分かったという。

 ロイター通信によると、水は丸みを帯びた三角形状に広がっている。深さは測定不能だが、研究チームを率いるイタリア宇宙機関のロベルト・オロセイ氏はワシントン・ポスト紙(電子版)に「少なくとも1メートル程度あるはず」という見解を示した。

  • 欧州宇宙機関(ESA)が公表した火星の「湖」の存在を示すレーダーの記録(7月25日、AFP時事)

 ロイターによれば、見つかった湖の温度は推定で零下70から零下10度。通常なら水が凍る温度だが、高い塩分濃度などのため、液状に保たれているとみられる。オロセイ氏は「魚が泳ぐような環境とは言えないが、地球上には似たような環境で生息する生物もいる」と指摘した。

 火星は大気が濃く暖かかった数十億年前、地表に水が流れていたと考えられている。しかし、現在は大気が薄くなって気圧が下がったため、地表の水は蒸発し、極地などに氷の状態で存在しているだけとみられていた。

(2018/7/26 13:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン