[ オピニオン ]

社説/米中貿易戦争の行方 日本は多国間協議を進展させよ

(2018/7/27 05:00)

米国と中国の貿易摩擦がエスカレートする様相を呈している。トランプ米国大統領が就任して以来、燻(くすぶ)り続けてきた貿易戦争の火種が燃え上がり始めた。トランプ米国政権の通商戦略は、巨大な経済力を背景として各国に個別通商協議を求めることにある。日本は、2国間協議に引き込まれる前に、米国抜きの多国間協議を進展させることが重要だ。米国抜きで巨大経済圏が形成され、取引ルールが形成されれば、米国にプレッシャーを与えるのは間違いない。

米国と中国の貿易戦争が世界経済に打撃を与える。関税引き上げの対象が広範囲に及び、経済規模で圧倒的な世界の1位と2位の国の対立は図り知れない深刻な影響を及ぼすからだ。日本の貿易に対する波及も懸念されるものの、それ以上に為替や株式など市場への影響がより大きくなる危険性もある。

今回の米中の貿易戦争は、米国の狙いが大きく分けて二つある。一つは、「中国の覇権を阻む戦い」、もう一つは「貿易赤字を削減するための戦い」だ。米国は、輸入制限措置で中国の長期戦略である「中国製造2025」の品目を狙い撃ちにする一方で、鉄鋼・アルミニウム製品や自動車など、同盟国を含む国際社会を相手とした措置も同時に打ち出している。

トランプ米国大統領が主張するように中国はフェアではない側面もある。今回はともに大幅引き上げになったものの、米国が輸入する自動車の関税はもともと2・5%であるのに、中国がかける関税は25%だった。米国には自由に投資できるのに、中国に投資する企業は現地企業との合弁を求められる。中国が発展途上だった頃であれば、そうしたハンデもやむを得ない。しかし、経済大国に成長した国には許されないと考えても不思議はない。貿易戦争を終結するには、中国側の歩み寄りが必要だが、ハードルは高い。

こうしたなか、日本は多国間協議に活路を見い出すしかない。環太平洋連携協定(TPP)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などを迅速に進めることだ。

(2018/7/27 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる