[ オピニオン ]

産業春秋/メード・イン・オキナワの存在感

(2018/7/30 05:00)

夏真っ盛りの沖縄。人気観光地はすでにピークシーズンに突入した。同時に7月は製造業にとっても“熱い”1カ月。沖縄の製造加工品の利用を薦める「県産品奨励月間」だ。

歴史は本土復帰前の1954年にさかのぼる。当時の琉球政府、琉球工業連合会などを旗頭に「島」産品の愛用を訴えたのが始まり。戦災から立ち直る中で、県内消費において輸入品に負けない品質の向上などが狙いだった。

現在は沖縄県、県工業連合会(那覇市)はじめ19団体を挙げた活動に。関係機関への要請やイベントを通じた広報で活発に動く。今年は台風で中止したものの、皮切りとして関係者約250人で繁華街の国際通りを練り歩くのが恒例だ。

飲食料品や建材が多くを占める沖縄の製造品。近年は少し様変わりした。経済特区地域を中心に、精密機器や医療器具の中小メーカーが立地。全体に占める出荷額はわずかだが、地の利を生かした県外移出・輸出で存在感を増す。

今年のスローガンは「世界へとどけ」。地場でも「オリオンビール」など飲食品の輸出は積極化し、工業界の台湾との交流も年々深まる。かつて輸入品に押されたメード・イン・オキナワが、海外で高品質の代名詞になる日も近いか。

(2018/7/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる