[ 機械 ]

第48回機械工業デザイン賞(3)日本力(にっぽんぶらんど)賞

(2018/7/31 05:00)

【アマダホールディングス/アマダマシンツール デジタル電動サーボプレス「SDE―2017 GORIKI」高剛性で金型寿命も向上】

「GORIKIはどこにあるの?」。アマダマシンツール(AMT、神奈川県伊勢原市)の横地勝美プレス部門プレス技術部副部長は、ショールームを訪れたユーザーにそう質問されることがある。GORIKIはAMTの新型プレス機械。ユーザーから指名されるほど覚えやすいGORIKIが「ネーミングの成功事例」(坂木雅治取締役)なのは疑いがない。

  • GORIKIと(右から)アマダマシンツールプレス部門の堀江部門長、原プレス技術部部長、横地プレス技術部副部長

漢字では「剛力」。高剛性の開発コンセプトのまま、堅牢(けんろう)さ、力強さを想像させる。実は「WS」とする案もあったが、「芸がない」と田所雅彦社長に一蹴され、その後、堀江喜美雄プレス部門部門長がふと思いついたという。

GORIKIは、一つの金型で複数工程の加工を行う順送加工専用機だ。市場拡大中の車載電機部品向けを主に、従来比で生産性を約4割増とし、成形精度や金型寿命の向上も図れる。こうしたユーザーメリットの源となるのが剛性だ。

200トンもの力で成形するのだが、材料の左右両端の厚さ・材質にかかわらず、高剛性で均等にプレスできなければ、左右が同じ形状にならず、さらに余計な力がかかり金型寿命を縮める。

剛性アップには構造材料を厚くするなどの手があるが、費用がかかりすぎるために従来機を基本に、設計し直した。例えば、正面上部のプレートを中央部が高い山形にし、材料を通す両横の窓を従来の半分ほどの大きさに改良。途中、「開発着手から半年たったころにつまずき、一からやり直した」(原卓也プレス部門プレス技術部部長)という辛酸もなめた。結果、均等に力を加えようとする際の傾きを半減、機械の伸びを2割減に抑えた。

持ち株会社のアマダホールディングスは独自の意匠規定に基づき、製品に赤、黒、シルバーの塗装を施す。赤は情熱、黒は力強さ、シルバーは革新を意味する。GORIKIは、プレス機として初めてシルバーの配色を許された機械となった。

(編集委員・六笠友和)

(2018/7/31 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン