[ ICT ]

【電子版】アップル、時価総額が1兆ドル突破 米企業初の大台超え

(2018/8/3 05:00)

  • 「iPodナノ」を紹介する故スティーブ・ジョブズ氏(2007年9月、サンフランシスコ=ブルームバーグ)

 アップルの時価総額が2日、米企業として初めて1兆ドル(約111兆7000億円)を突破した。故スティーブ・ジョブズ氏が約40年前にシリコンバレーにある実家のガレージで創業した同社はその後、コンピューターや音楽、モバイル通信の世界に革命を起こした。

 アップル株は2日の米市場で前日比2.9%高の207.39ドルで終了。時価総額は1兆20億ドル(約111兆9000億円)に達した。中国のペトロチャイナ(中国石油)は2007年に1兆ドルの大台を一時的に上回ったが、金融危機の影響で原油価格が急落したことから同社の時価総額も急速に下落した。他の大手テクノロジー企業はアップルに大きく後れを取っているわけではなく、アマゾン・ドット・コムやアルファベット、マイクロソフトは全て時価総額が8000億ドルを超えている。

 1976年の創業以来、アップルは一貫してコンピューターにできることをイメージし直し、人間が機器やソフトウエアとどう関わり合うかを定義してきており、「iMac(アイマック)」や「iPod(アイポッド)」、「iPhone(アイフォーン)」、「iPad(アイパッド)」が大ヒットした。2007年にジョブズ氏が投入したアイフォーンはタッチスクリーンで、音楽プレーヤーやウェブブラウザー、電子メール機能を搭載したスマートフォン革命の先駆けとされ、モトローラやブラックベリーなどのライバル企業を圧倒した。

 アイフォーンは当初の期待を上回り、販売台数は13億台余りに上っており、同製品の実用性を高めるソフトを開発して生計を立てる独立系デベロッパーも登場するなど、アプリ経済を生み出した。アイフォーンを中核に関連サービスが伸びており、同社は21年までに500億ドルの年間サービス収入を目指している。(ブルームバーグ)

(2018/8/3 05:00)

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる