[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】トヨタの4―6月期、売上高・純利益が過去最高

(2018/8/3 19:00)

  • 決算会見で質問に答える吉田守孝副社長(右)と白柳正義専務役員

  • 10年間の4―6月期業績

 トヨタ自動車が3日発表した2018年4―6月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比4・5%増の7兆3627億円、当期純利益が同7・2%の6573億円となり、いずれも4―6月期として過去最高を更新した。北米や欧州、アジアを中心に販売台数が増えたほか、比較的利益率の高い車種に販売構成がシフトしたことなどが要因。一方、通期業績には米中間の貿易摩擦の影響などのリスク要因も残る。

 連結販売台数は同2万1000台増の223万6000台。国内販売は新車効果の一巡で3万台以上減らしたが、スポーツ多目的車(SUV)が好調な北米やアジアなどで販売を伸ばした。

 営業利益は同18・9%増の6826億円だった。都内で会見した白柳正義専務役員は「(業績は)年度目標に向けてほぼオンピッチに進んでいる」と話した。

 米中間でエスカレートする貿易摩擦の影響に関しては、既に発動された鉄・アルミニウムの輸入制限が営業利益を年100億円程度押し下げる要因になるとの見通しを示した。吉田守孝副社長は「グローバルな自由貿易の枠組みが存続することを願う」と述べた。

 19年3月期の連結業績見通しは据え置いた。資材価格の高騰やアルゼンチンでのインフレの影響などのマイナス要因を織り込んだものの、原価低減の取り組みや北米での販売奨励金(インセンティブ)抑制などで利益を確保する方針だ。

 同日開いた記者会見では、原価低減やトヨタ生産方式(TPS)の推進に加え、トヨタグループ全体での競争力強化といった取り組みを進めていることも強調した。

(2018/8/3 19:00)

おすすめコンテンツ

メカトロ・センサ The ビギニング
制御に用いるセンサの選定と使い方

メカトロ・センサ The ビギニング 制御に用いるセンサの選定と使い方

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい真空技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい真空技術の本

わかる!使える!乾燥入門
<基礎知識><準備・段取り><実務作業>

わかる!使える!乾燥入門 <基礎知識><準備・段取り><実務作業>

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる