[ 医療・健康・食品 ]

【電子版】厚労省部会、「アルゴンガス」を食品添加物に指定 ワインなど酸化抑制

(2018/8/4 08:30)

アルゴンガスを注入するCoravin社のワイン向け装置。コルクを抜かずに、酸化防止目的の不活性ガスを注入しながらボトルの中のワインを注ぐことができる(2013年7月、ニューヨーク=ブルームバーグ)アルゴンガスを注入するCoravin社のワイン向け酸化抑制装置(13年7月、NY=ブルームバーグ)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会添加物部会は2日、他の元素と反応しにくい希ガスの元素「アルゴン」について、食品衛生法に基づく食品添加物への指定を認める報告書をまとめた。省令改正などを経て、年内にも使用可能になる見通し。

 アルゴンを食品の容器などに注入すると、食品成分が酸素に触れて起きる酸化を防ぎ、味や香りが損なわれることを抑える効果がある。大気中に存在する元素で、米国ではワインやジュース、欧州連合(EU)では原則、全ての食品への使用が認められている。

 厚労省から評価を求められた内閣府の食品安全委員会は6月、人の健康に悪影響を及ぼす恐れはないと回答していた。

 添加物部会はこのほか、イソブチルアミンなど7品目を香料として使用することも認めた。(時事)

(2018/8/4 08:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる