[ 政治・経済 ]

【電子版】入国管理庁、来年4月発足へ 在留資格拡大で体制強化

(2018/8/9 07:00)

  • 法務省は入国管理部門を内部部局から外局に昇格させて、入管政策における司令塔機能も持たせる方針

 政府は8日、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、来年4月から法務省入国管理局を「入国管理庁」に昇格させる方向で最終調整に入った。同月から新たな在留資格制度を導入するのに合わせ、出入国管理の体制を強化する。入国審査官や入国警備官を増員し、迅速で厳格な手続きに万全を期す考えだ。

 入国管理部門を法務省の内部部局から、公安調査庁のような外局とすることで、入管政策の企画立案機能を高め、他省庁と調整する司令塔機能も持たせる。パスポート(旅券)やビザ(査証)の審査などを担う入国審査官(現在約3140人)や、不法入国・滞在者の調査や送還などを行う入国警備官(同1440人)も来年度以降、段階的に拡充し、業務量増加に備える。

 入国管理庁は、上川陽子法相が7月24日の記者会見で設置を検討する考えを表明。菅義偉官房長官は取材に「できれば来年の4月からスタートしたい」と述べた。法務省は2019年度予算の概算要求に、同庁設置や人員増に必要な経費を計上する方針だ。

 新たな在留資格については建設、介護、水産など15を超える分野を対象業種とすることが検討されている。(時事)

(2018/8/9 07:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!鋳造入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!鋳造入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2019

原子力年鑑2019

技術大全シリーズ 
切削加工大全

技術大全シリーズ 切削加工大全

わかる!使える!TPM入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!TPM入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!作業工具・取付具入門
<原理><使い方><勘どころ>

わかる!使える!作業工具・取付具入門 <原理><使い方><勘どころ>

しっかり伝わる!評価が上がる! 
技術者のための社内文書の書き方

しっかり伝わる!評価が上がる! 技術者のための社内文書の書き方

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2018/11/14

    マイページ機能と検索機能の不具合は解消致しました。ご迷惑をかけまして大変申し訳ございませんでした。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン