[ ICT ]

【電子版】グーグルの中国再参入計画「監視せよ」 検閲対応検索に社員千人超が抗議

(2018/8/18 09:30)

  • 米グーグルのサンダー・ピチャイCEO(15年3月、バルセロナ=ブルームバーグ)

 米グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は16日、検索エンジンで中国に再参入する計画は「探る段階」で「初期段階」だと従業員に説明した。事情に詳しい関係者が明らかにしたもので、同日の全社員を対象にした会議ではセルゲイ・ブリン共同創業者も論争を巻き起こした同計画について語り、グーグルが原則を曲げることはないと述べたという。

 関係者2人が非公開情報だとして匿名を条件に話した。中国再参入計画についてグーグル幹部が従業員に対応したのは、16日の全体会議が初めて。約2週間前の報道によると、同社は中国当局の意向に沿って検索結果の検閲を許すモバイル検索アプリを開発する「ドラゴンフライ」プロジェクトを進めている。グーグルは当局の検閲を懸念し2010年に中国本土で検索エンジンを閉鎖したが、この撤退はブリン氏が主に指揮した。

 ブルームバーグが入手した16日の会議の記録によると、ピチャイCEOは「中国で検索商品を出す状況に近づいていない」とし、「当社が実施するか、あるいは実施できるのかは非常に不透明だ」とも発言した。

 この日の会議で従業員から出た最初の質問2つがドラゴンフライに関するものだったと関係者は述べた。また、ブルームバーグ・ニュースが確認した写しによると、1000人余りのグーグル従業員がドラゴンフライは「緊急性のある道徳・倫理上の問題」を引き起こすとする社内嘆願書に署名。「秘密裏」のプロジェクトだとして、経営陣に計画を監視するプロセスの設定を求めた。(ブルームバーグ)

(2018/8/18 09:30)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン