[ トピックス ]

北海道地震/企業動静 ダイハツ工業ほか

(2018/9/12 05:00)

●本社工場を稼働

ダイハツ工業は11日、小型車などを生産する本社工場(大阪府池田市)を稼働した。12日に滋賀第1工場(滋賀県竜王町)、13日に京都工場(京都府大山崎町)もそれぞれ稼働し、国内全工場が通常稼働に戻る。各工場は北海道地震の影響でサプライヤーからの部品調達が滞ったため、10日に稼働を停止していた。

●優先順位決め生産

いすゞエンジン製造北海道(北海道苫小牧市)は8日に工場の稼働を再開し、11日も引き続き在庫が少ない優先順位の高い製品から生産した。同社はいすゞ自動車の子会社でエンジン部品を製造する。

●2工場通常稼働

京セミ(京都市伏見区)は光半導体デバイスを製造する恵庭事業所(北海道恵庭市)と上砂川事業所(同上砂川町)の操業を10日に再開した。点検作業を経て、ほぼ通常稼働している。

●生産を再開

北海道トッパン・フォームズ(札幌市西区)は地震による停電で操業を停止していたが、11日に生産を再開した。同社はトッパン・フォームズの子会社でビジネスフォームの製造などを手がける。

●全工場が再開

ユニー・ファミリーマートホールディングスは北海道内にあるおむすびや弁当を製造する中食製造工場(8カ所)の全工場で10日、稼働を再開した。道内にある4カ所の物流センターも全て稼働を再開している。

●閉店時刻繰り上げ

ドンキホーテホールディングスは節電対策のため、14日まで北海道内の店舗の閉店時刻を早めるほか、店舗内の照明や空調などを調整する。

●空調停止で節電

セブン&アイ・ホールディングスは北海道内のセブン―イレブンで、節電対策として一部を除く店舗で空調を停止している。イトーヨーカドーでは調整可能な照明について、通常の8割程度の照度で営業している。

(2018/9/12 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる