[ 科学技術・大学 ]

【電子版】JAXA、はやぶさ2の着陸リハ中断 高度測定できず

(2018/9/13 05:00)

  • 「はやぶさ2」小惑星クレータータッチダウンのイメージ図(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸に向け、11日から行っているリハーサルを中断したと発表した。高度40メートル以下まで接近した後、再上昇する計画だったが、約600メートルの高さで高度測定ができなくなり、自動的に降下を中止した。機器に異常はないという。

 JAXAによると、はやぶさ2は上空約20キロメートルから、レーザー高度計でリュウグウの地表にレーザー光を発射し、反射時間で距離を測定しながら降下。12日午後、これまでで最も低い高度約600メートルまで降りた時点で、高度計を近距離モードに切り替えようとしたが、リュウグウ表面が暗く反射率が低いため、反射光を受信できなくなった。

 このため、はやぶさ2が自動的に異常を検知し、上昇を開始。レーザー高度計自体に異常はないため、JAXAは設定値の見直しなどを検討する。(時事)

(2018/9/13 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン