[ オピニオン ]

社説/2030年の気象業務 予測精度とデータの産業利用両立を

(2018/9/19 05:00)

今夏は猛暑に台風、豪雨、地震と多くの自然災害に見舞われた。気象の観測・予測の精度を向上させる技術開発は万人一致の希望だ。一方で気象のビッグデータ(大量データ)の産業利用など新たなニーズも出てきている。気象業務の中長期計画は、どちらにも目配りした形で進める必要がある。

日本全国、いや日本に限らないと耳にするが、これほど自然災害の怖さを見せつけられた夏はなかった。国民に注意を促す報道が毎日のようになされ、穏やかな季節の到来が待たれる数カ月だった。

そんな中、国土交通省交通政策審議会の気象分科会は、提言「2030年の科学技術を見据えた気象業務のあり方」をまとめた。副題は「災害が激甚化する国土、変革する社会において国民とともに前進する気象業務」。10数年先と具体性の高い未来の社会と技術を描いている。

柱の一つは気象業務の根幹である観測・予測技術の不断の向上だ。目標として「台風の3日先の進路予測誤差を、現在の1日先の誤差と同程度にする」「防災対応に重要な半日前における、線状降水帯の発生を含めた集中豪雨の予測精度を向上させる」などを挙げている。

もう一つの柱が、気象の情報・データの多面的な活用だ。気象庁の過去数十年の蓄積データを、コンピューターが読み取り自動処理する形で提供すると、小売りや運輸、観光などの企業は独自のビジネスデータとかを合わせた分析モデルを開発できる。さらに、気象のリアルタイムデータをそのモデルに適用、顧客の動向を推定したビジネスが可能になる。

また、高齢者や外国人を含む個人向けでは、災害時の避難支援や、熱中症防止など体調管理の情報を提供するサービスにつながる期待がある。生活を支える新たな基盤、ソフトのインフラストラクチャーとして、政府が掲げる超スマート社会「ソサエティー5・0」に重なる。

伝統的な技術高度化と、従来はなかった社会ニーズへの対応。二つを車の両輪として、前向きに進めていってほしい。

(2018/9/19 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる