[ オピニオン ]

産業春秋/西郷どんの言葉

(2018/9/24 05:00)

1877年9月24日。「維新三傑」の一人である西郷隆盛が自刃し、西南戦争は終わりを告げた。大河ドラマ『西郷(せご)どん』で取り上げられている英雄だ。明治維新の立役者の中で、坂本龍馬と並んで人気が高い。西郷の政略を嫌う誠実さや、無私無欲な人間性が人気の理由だ。

「児孫(じそん)のために美田を買わず」は、西郷らしい名言で、「子どもをだめにするから、財産は残さないほうがよい」という意味で一般的には知られている。

実はそのニュアンスは、まったく西郷の意図したものではなかった。この言葉は、西郷が書いた漢詩『偶成(ぐうせい)』の最後に出てくる。

この漢詩の意味は、「何度もつらく苦しい経験を経て、志は初めて確固たるものになる。男たる者、玉となり砕け散っても、瓦のように生命をまっとうする生き方は恥じるものだ。後々まで伝えたい我が遺訓を世の中の人は知っているのだろうか。それは子孫に財産を残さないということだ」といった趣旨で書かれている。

「志を果たすために、すべてのものを犠牲にせよ」といったことが読み取れる。西郷は、まさに藩のため日本のために、すべてを、自分の命を賭(と)した。権力を背景にして利益を得ようとするどこかの国の輩とは違う。

(2018/9/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる